泥湯温泉

HOTSPRING

電話でのお問合せはこちら 0183-79-3021

天狗伝説の残るみちのくの秘湯。 たっぷり浸かれば、世俗遠のく温泉情緒。

昔ある乙女が病に苦しみ温泉に浸かりたく思っておりましたが、あまりにも湯の色が透明なため、 恥ずかしさのあまり浸かれないでいたところ、鼻の長い天狗が現れ米の磨ぎ汁の様にすっと白く濁してくれたのです。 乙女は喜んで温泉に浸かり、病も日毎に回復し、治ったと伝えられております。 「泥湯」という名称は湯の色が濁っているところに由来しているといわれております。 当館のそれぞれの湯は、異なる源泉を引いております。 『天狗の湯』、『川の湯』、『新湯』それぞれの趣をお楽しみください。

温泉基本情報

浴室・泉質
  • 大露天風呂

    泉質/単純泉 (源泉名 新湯) 

  • 混浴露天風呂

    泉質/硫黄温泉 (源泉名 天狗の湯)

  • 女性専用露天風呂

    泉質/硫黄温泉・硫化水素型 (源泉名 川の湯)

  • 女性専用内風呂/男性専用内風呂

    泉質/硫黄温泉 (源泉名 天狗の湯)

一般的適応症
  • 疲労回復
  • 高血圧症
  • 動脈硬化症
  • 末梢循環障害
  • リウマチ
  • 性疾患
  • 慢性中毒症
  • 糖尿病
  • 慢性便秘
  • 通勤障害
  • 慢性気管支炎
  • その他
一般的禁忌症
  • 病気の活動期(熱があるとき)
  • 活動性の結核
  • 進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合
  • 息苦しくなるような重い心臓病又は肺の病気
  • むくみのあるような重い腎臓の病気
  • 消化管出血
  • 目に見える出血があるとき
  • 慢性の病気の急性増悪期
泉温 67度
加水・加温・減温の有無 加水あり
おもな利用形態 源泉かけ流し
アメニティ ドライヤーが内湯にございます。
注意事項

当館の温泉は自然湧出の為、天候・気温などの影響を受けやすく、温泉の温度が熱くなったりぬるくなったりする場合がございますので、予めご了承ください。

立ち入り禁止区域について

泥湯温泉地帯は、熱湯や硫化水素ガスが発生している場所があります。 危険ですので立ち入り禁止区域には絶対に入らないでください。 特に、積雪期は、雪の下に硫化水素ガスがたまっている雪洞が形成されている可能性がありますので、雪の上には絶対に上がらないでください。 硫化水素ガスは、無色透明で、その存在を目で確認することは困難です。ゆで卵の腐ったような臭いがしますが、ガスの濃度が高くなると臭いを感じません。そのガスを吸い込むと、瞬間的に意識が無くなり、そのまま放置すれば死に至る場合もありますので、ご注意ください。

ページ先頭へ戻る

日本秘湯を守る会会員

泥湯温泉 奥山旅館

〒019-0404 秋田県湯沢市高松字泥湯沢25

TEL:0183-79-3021 FAX:0183-79-2677

日本秘湯を守る会公式Webサイト

Copyright 2019 OkuyamaRyokan All Rights Reserved.